google-site-verification=rQG5GV-pFKKrpUdcSbBQGCFP8aOyuJMdEpB0mfLAHfs

キリンさんの縁側日記(仮免中)

アイドルを中心に映画、コミック、特撮、アニメと趣味について「広く浅く」書きます。まだブログに慣れていないの「仮免中」です。

【AKB48】お話し会のデメリット

7月11日握手会のデメリット

 

次はお話し会のデメリットについて書きます。

①推しメンと直接会えない

・・・以上です。

 

「そりゃあそうだよな。当たり前のことを書くなよ」です。

 

追加すると

②ヲタ友に会えない

③推しが増えない

 

です。それぞれの解説はこちら↓↓してみます。

 

①直接会えない

48グループの魅力は、「好きなあの子に直接会って言葉を伝えられる」です。

 

「それができないならいいや」

と思いますよね。

 

例えば坂道グループだと、「オンライン上の会話でも満足」ですが、今の48グループは、メンバーにそこまでのプレミアム感がないですねえ。

「それじゃあ足りないんだろうな。

あたりまえの結論になりましたが、そうです

 

②ヲタ友に会えない

 会場に行けば必ず友達と会える。

 握手の合間にワイガヤしながら、ヲタ活の話、それぞれの推しの話題で森がるのは楽しい。

 

 また列に並んでいても声をかけられることがあります。

推しが同じですから盛り上がらないわけがない。

 

中にはドヤリ系や明らかにヤバイ感じの

「困ったなあ」

と思うタイプの人もいますが、基本はみんないい人です。

オンラインだとこれが無いんだよねえ。

 

③推しが増えない

 「②」に関連しますが、

 友だち同士で輪になって話しているt機

 「他にはどのメンバーに行ってますか?」

 「その子の対応は?」

なんて情報を聞いて「推し増しで行ってみる」こともあります(これが当たりだったりする)。

 また知らない子でも友人と連番すれば面白くて次に繋がる。

以上がデメリットですね。

「握手会って推しに会うだけじゃなく、お祭りだったんだなあ」

が結論です。

 

書いていて寂しくなりますね(笑)。

 

<最後>

48グループでも順番に接触が解禁されていますが、

「お話し会と現地での接触会の両方を併用して欲しいな」

と思っています。

今週末もお話し会があります。

僕は参加します!